令和4年1月1日

東京柏葉会同窓生の皆様へ

東京柏葉会

会長 池田康人(21回生)

2022年(令和4年) 新年のご挨拶

謹啓 新年明けましておめでとうございます。

 令和4年の新年を迎え一言ご挨拶申し上げます。

 同窓生の皆様には新しい年を迎え、ますますご清栄のことと お慶び申し上げます。  日頃より東京柏葉会の活動にご協力をいただき誠に有難うございます。 ご周知のとおり昨年には延期した第30回総会の記念総会を迎える予定でしたが、大変残念ながら新型コロナウィルス感染症の終息が見通せず一昨年に続き更に1年間の開催延期提案をせざるを得ませんでした。これら状況への皆様のご理解を賜り重ねて感謝申し上げる次第です。

 昨年は、心配された東京オリンピック・パラリンピックが全面的な観客参加での開催ではなかったものの、厳重なコロナ対策の元で開催され、選手の頑張りと活躍をテレビ等で見ることができ感動をいたしました。 加えて、大リーグでの大谷選手の大活躍や松山選手のマスターズ優勝、真鍋氏のノーベル物理学賞受賞、将棋の藤井四冠なども日本にとって明るい話題となりました。
 さて、その後のコロナ感染問題は、ワクチン接種率の大幅な進展があり、一時期はこのまま終息を期待できる思いもした矢先、オミクロン株での世界的な感染拡大がまさに進行してきました。 現時点では、国内でも予断を許さない状況といえます。

 リモートワークなどでの生活スタイル変更、会合形式の制限などもあり、東京柏葉会の役員会等もリモートでの協議を重ねてまいりました。 現時点、コロナ感染問題がまだ安心とは言い切れない状況ではありますが、今後の更なる3回目ワクチン接種やコロナ治療薬の承認などへの期待をもとに、今年度には第30回記念総会&懇親会を開催することで協議を重ねております。
 具体的には、二度の延期をしました第30回総会を今年2022年7月2日(土)に開催する計画としております。 当然ながら、コロナウィルス問題の情勢を十分配慮するとともに、万全の感染防止対策に配慮し安心できる開催が前提となります。

さて、新年にあたり今年の抱負・重点的に推進することを記載致します。

 第30回記念総会・懇親会を迎える準備を行うこと
 コロナウィルス感染問題の状況を鑑み、記念開催である第30回総会・懇親会に対して皆様に安心して喜んでいただける企画を検討して参ります。
 会員向け情報発信の充実
 コロナ禍における情報発信の大切さを重視し、昨年は公式フェイスブックとインスタグラムを立ち上げました。これらをさらに活性化し、更なる情報発信を目指す所存です。
また、会報誌等の企画検討を推進いたします。
 同窓会員の拡大(継続テーマ)
 会員の皆様の賛助金ご支援の下に成り立っております東京柏葉会賞は第10回目の表彰をこの2月末に行う予定です。 東京柏葉会への認知度をさらに上げ、会員開拓へつなげるとともに、総会への若手参加に結び付けてまいります。

 今年も同窓生の皆様と共に東京柏葉会活動を盛り上げて行きたいと思っています。
 皆様の一層のご支援、ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。

敬白

First  << 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >>  Last